健康サポート

新型コロナワクチンQ&A

Q1 新型コロナワクチンを接種した後に熱は出ますか?

発熱は、新型コロナワクチン接種後に比較的よくある副反応です。1回目より2回目の接種後の方が頻度が高いとされていて、例えば米ファイザーのワクチンの臨床試験では、2回目のワクチン接種後に38度以上の発熱が起きた人は若年者に16%、高齢者に11%いました。また、38.9〜40度の高熱が出た人は1回目の接種では0.2%、2回目の接種では0.8%だったと報告されています。ほとんどの場合は数日以内に治まりますが、症状を和らげるためにアセトアミノフェンなどの市販の解熱鎮痛薬を飲んで対応するのもよいでしょう。ただし、食事がとれない、ベッドから起き上がれないなどの重い症状が出た場合には、接種医やかかりつけ医に連絡をとるようにしてください。

Q2 新型コロナワクチン接種でアナフィラキシーが起こる頻度は高いですか?

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、米ファイザーの新型コロナワクチン接種でアナフィラキシーが起こったのは100万回接種あたり約5人、米モデルナは約2.5人でした。また、アナフィラキシーは女性に多く、ファイザーでは90%が女性、モデルナでは全例が女性でした(2021年3月現在)。女性に起こる頻度が高い理由については、化粧品に含まれる成分が関係しているなどの可能性が考えられています。

ワクチン全般のアナフィラキシーの頻度は100万回接種あたり1.31回と推定されているので、それと比べると新型コロナワクチンでは少し頻度が高いように感じられますが、研究方法の違いで高めに出ている可能性もあります。ちなみに、感染症の治療でよく使われるセファロスポリンという抗菌薬の投与で起こるアナフィラキシーの頻度は、100万人あたり1〜1000人と推定されています(幅が広いのは研究によって差があるからです)。


このコーナーでは、新型コロナウイルスワクチンに関するQ&Aを毎週2題ずつ掲載していきます。
Q&Aは書籍『日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100』からの転載です。


ページの先頭に戻る


■ 関連リンク